ごあいさつ

理事長あいさつ

当院は明治42年に神奈川県内初となります精神病院「横浜神脳院」を設立し、その後明治45年に「横浜脳病院」に引き継がれ、昭和32年に「横浜病院」と改称し、現在に至っております。この間、関東大震災、太平洋戦争などでの焼失、再興などの苦難の歴史を経てまいりましたが、今日100余年を迎えることができました。これもひとえに皆々様方のご支援とお力添えの賜物と心より感謝申し上げる次第です。

さて、100余年前の紫雲会横浜病院は収容型の施設から始まり、時代の変化とともに現在では様々な職種が日々「医療・保健・福祉」の垣根を越え、利用者ひとりひとりのニーズにあった医療・福祉サービスを提供する病院に変化を遂げてまいりました。
また、職員の働きやすさ、職場環境の改善にも力を入れ、院内保育園の設置や残業ゼロを目指す取り組みをはじめ、職員が現場の意見やアイデアを自由に発言し、受けられられる環境を作ってきました。

今までの歴史におごることなく、紫雲会の存在目的や意義を再確認しながら、きめ細やかなサービスを提供することで、利用者が自分らしく生活するための地域密着型支援体制を整えていきます。また、地域の絆を育み、支えあう社会の構築をめざし、これからも利用者の目線に立ち、精神医療の発展と自己研鑽に励みながら地域に根差した貢献ができるよう精進してまいります。

公益財団法人 紫雲会
理事長

須藤 武彦


院長あいさつ

紫雲会横浜病院は明治42年創設の神奈川県で最も歴史のある精神科病院です。平成21年には100周年を迎えました。長い伝統を作ってくださった多くの先人の皆様の恩恵を得ながら、新しい時代を、医師、看護師、薬剤師、作業療法士、精神保健福祉士、心理士、栄養士、事務職員などの多職種によるチーム医療によってチャレンジして行きます。

ここ数年は精神科急性期治療に重点を移してきております。時代の流れや横浜市神奈川区に位置するという立地条件にふさわしい地域医療を今後も続けていく所存です。安定した病院経営は勿論ですが、内容の充実や質の向上を図っていきます。地域の行政機関や医療機関、社会復帰施設や老人施設などとの連携も益々充実させます。

初発の若年の皆さん、長い病歴を持つ慢性期の患者さん、そして行政措置や医療観察法などの司法制度による患者さんにいたるまで様々なニーズに柔軟に応えて行きたいと考えております。このように多様化する患者さんに要求される医療の提供のために、スキルアップを目的とした研修などの積極的参加を心掛けて行きます。

公益財団法人 紫雲会
横浜病院 院長

田村 由江



看護部長あいさつ

当院の看護部では、看護師一人ひとりが、元気に働き続けていられるか、充実した人生を送っているか、自己の能力開発を継続できるかを大切にしています。病棟師長を中心に、仕事と生活のバランスが保てるような勤務体制作りを考え、病棟での日々のケアはチームで協力し合っています。

院内での研修は、病院主催・看護部教育委員会主催の研修等があり、自己啓発とスキルアップのための院外研修にも積極的に参加をしています。
患者さまが、地域社会でその人らしく生活できるように、地域連携室とも協力しながら退院支援も進めています。今後さらに、障害を抱えながら暮らしている方々について、ご理解ご協力をしてもらえるように地域に向けた取り組みを展開していきたいと考えています。
精神科看護師として、どんな看護が提供できるのか?ということだけではなく、社会の一員として何ができるのか?を、みんなで考え続けていきたいと思います。

今後とも何とぞ宜しくお願い申し上げます。

公益財団法人 紫雲会
横浜病院 看護部長

大川 賀久