診療部

診療の特徴と方針について

当院での診療の特徴や方針について、入院診療と外来診療とに分けて説明させていただきます。

入院診療について

入院診療について、急性期治療に重点を置いているということが当院の大きな特徴となっています。当院は48床の急性期病棟を有しており、そこでは、例えば興奮や幻聴などの激しい症状の見られる急性期の患者さまに対し、集中的な治療を行うことが可能となっています。同病棟では、診療の対象としてまずは統合失調症を考えていますが、それ以外にも状態に応じてうつ病、あるいは興奮等の症状の目立つ認知症なども受け入れ可能となっています。

覚醒剤などの薬物依存、あるいはアルコール依存の患者さまについては原則として対応しておりません。同病棟では原則として3か月以内に症状を改善し、早期にご家庭に戻られたり、社会復帰をしたりするということを目標としています。

一方で慢性期病棟では、比較的穏やかな症状をもつより慢性期の患者さまに対しての入院診療を行っています。薬物療法や精神療法、あるいは作業療法などにより、じっくりと患者さまの症状の改善へと取り組んでいきます。
なお、急性期病棟に入院された後、3か月での症状改善や退院が困難であった患者さまについても、原則的にそれ以降慢性期病棟に移っていただき治療を継続していただくこととなります。

外来診療について

外来についても統合失調症の患者さまが最も多いですが、その他うつ病などの感情障害、パニック障害や強迫性障害などの神経症、認知症の周辺症状などについても対応しています。外来においても薬物依存・アルコール依存の患者さまについては基本的に対応しておりません。外来診療では原則として薬物を用いての治療が中心となっていきます。また患者さまと相談しながら、必要に応じ当院デイケアの利用も検討していきます。今後の改善を検討してはいますが、時間をかけてのカウンセリングについては、残念ながら現在の当院の体制では対応できておりません。初めて受診される方は、あらかじめ病院に電話連絡いただき、ケースワーカーと受診日時について相談していただきますようお願いします。また以前受診されていた病院やクリニックがある場合には、必ずそちらからの情報提供書をお持ちください。

診療科・部門紹介
看護部
診療技術部

トップへ戻る